祖母が生きているあたりは、手作りのおせち

祖母が生きているあたりは、手作りのおせち料理を例年頂いていました。祖母が設けるおせち料理は逸品でした。
別に美味しかったのが「黒豆」だ。
つやつやの黒豆に、少なく刻んだこんにゃくが一緒に塞がり、他にもごぼうなども入っていてさんざっぱら美味しかったのを覚えています。歳末に遊びに行くって、おせち料理を作っている祖母がたえずオタオタって忙しそうにしていたのが今でも思い出せれます。

そういう住宅、いえ、わたしはおせち料理を作ったことがありません。就業を歳末飛び込みまでやることも多いので、時間が取れないからだ。
子どもが大人始めるまでには一度は作ってみたいは思っているんですけどね。
住宅では例年、コンビニエンスストアのおせち料理を注文していらっしゃる。
持ち家まで宅配してくれますので極めて便利なんです。
中の工具剤は真空プランに入っていますので、いつも斬新だ。しかも、見た目もすごく美味しそうなんです。
無論味わいもうまいですよ。
少々お金は高いですが、今年もおせちはコンビニで予約してこようかとしております。お食い初め料理の宅配セット